乳腺炎の原因とは?


このページでは、乳腺炎の原因について、なおっぺなりの解釈をしてみていと思います。
原因を知らないと、どうにもなりませんものね。


乳腺炎の原因:目次

育児疲れ
授乳中の食事の内容
授乳間隔が開く
赤ちゃんの母乳の飲み方
母乳の飲み残し
きついブラジャー(乳腺・胸部圧迫)
ママのリラックス不足


乳腺炎の原因(1)
育児疲れ

これを、乳腺炎の原因の一番最初にあげたいと思います。
母乳育児の本で、「乳腺炎の原因は」という項目を調べると、トップにあがっているのが、「脂っこい食事」なんです。でも、ママの中には、
「わたし、頑張って脂っこい食事も取ってないし、お菓子も食べてないし、ものすごく努力してるの。でも、何回もしこりができてしまう!」
と嘆いているママもたくさんいると思います。ほんと、乳腺炎にならないようにものすごく努力しているのに、しこりができてしまった時は、がーーーーーっかりしますよね。

で。
わたしは、この「疲れ」を乳腺炎の原因トップにあげてみました。

なぜかというとですね。
わたしは、産後1年間、月1,2ペースで乳腺炎と闘っていました。その間、食事も見直し、だーーーいすきなケーキも食べず、頑張っていたんですよ? それでも、なんどもしこりを繰り返していました。その時期は、本当に悲しかったし情けなかった。「なんでこうなるんだろう? 原因はなんだろう?」と泣きながら自問自答したこともありましたね~。

しかし、1年ほどたったくらいから、ぱたっとしこりが出来なくなったんです。そうなると、もう、何を食べてもしこらない! 夢のパラダイス!
ということで、色んなもの(乳質に悪いとされているもの)も、ちょこちょこ食べちゃっていました。

そんなある日、長男が2歳4ヶ月ごろ、実家に初めて子どもと共に帰りました。
これが、「ゆっくりのんびり出来る♪」と思いきや、子ども仕様じゃない実家をかきまわすわ、暴れ回るわ、犬とじゃれまわるわで、わたしはそのお世話で、一日中、背後霊のように長男にへばりつき、もう、久々にぶっ倒れるくらいに疲れたのです。
するとですね。帰省から2日後、あれだけ何を食べてもしこらなかったおっぱいが…、もう克服したと思っていたのに…、…………しこりました。
そうなんです。
「疲れ」
あなどれません。
思えば、生後一年を過ぎて、乳腺炎にならなくなったのも、育児にだいぶん余裕が出来てきて「体も精神も、楽になった」のも一因かなぁと思っています。

ここからは、なおっぺ自説です。
乳腺炎は、母乳が詰まってしまうことから起こります。
ところで、母乳は血液から出来ていることはご存じでしょうか? 疲れると、血液がどろどろになることは、結構知られていると思います。ということは、母乳もかなり質が変化しているはず。しかも悪い方に。
すごく疲れた → 血液ドロドロ → 母乳の質悪化(ドロドロに) → 乳管が詰まる
わたしはこんな風に考えています。

対策

確かに、ママは育児で疲れ切っています。
だから疲れないようにしましょう。

でも…。

疲れるな、って言ったって、育児をしている以上、疲れないわけにはいかないわーーい!!
そうなんですよねぇ。育児中に休めれば、何も苦労はしない。なので…。

そう、文明の利器で乗り越えよう!

今では、色んな育児グッズが売っています。グッズ一つ一つの「楽になる効果」は少しかもしれません。でも、その効果が集まっていけば、かなり違ってくるはず。
ここが「お金の使いどころ」
乳腺炎になってしまったら、元も子もないですからね!
なおっぺ自身が使ってよかった!と思った育児グッズを中心にレビューしたサイトも開設しています。よければ読んでみてください。

腱鞘炎サポーターで手首痛解消(抱っこのしすぎで腱鞘炎になったときの体験談)
授乳エプロンでどこでも授乳 (授乳エプロンを使ってみた体験談)
うちの夜間授乳専用Tシャツ(冬の夜間授乳対策。自作のTシャツを紹介)
【カネソン】ピアバーユ(ピアバーユ。乳頭の傷にも)
【PIGEON】乳頭保護器(乳頭の弱いママも居ますものね)

なるべく、ママが楽を出来る育児方法をとり楽しく授乳ライフが送ることができれば、きっと赤ちゃんにとっても素敵なことですよね。
今ではネットでたくさんの便利育児グッズがあります。再度、乳腺炎になってしまうまえに、チェックしてみてもよいのではないでしょうか?


乳腺炎の原因(2)
授乳中の食事の内容

乳腺炎と食事。やぱり関係があります。
これはよく言われていることですよね。産院でも聞いたことがあるのではないでしょうか?
授乳中ってお腹が空くんですよね。
でも、カロリーを取りすぎてしまうと、おっぱいも脂っこくなります。
ちなみに…。
食べたものって結構直接おっぱいに出ます。母乳育児中、喉が渇いてしかたなかった私は、スポーツドリンクばかりを飲んでいたんです。そうしたら、母乳がスポーツドリンクの味になった経験があるんですよね。
そう考えると、ママの食べたものによって、赤ちゃんの食事(母乳)にバラエティーが出るということにもなるなぁ…と思っています。

脂肪分などがカスとなって、乳腺内に残り、そこが詰まってしまうのです。これって、血管にコレステロールがたまるのと似ています。もともと、母乳って血液ですものね。高カロリーの食物を取りすぎると、水がよどむみたいに、血液循環が悪くなり、それが母乳に影響してくるようです。
一口にいうと、「動物性脂肪」が一番詰まりやすいと思います。
ヘットや、ラードで代表される脂肪です。またアイスにもたっぷり動物性脂肪が入っています。
動物性脂肪というのは、固まっている脂肪です。(すき焼きなどをしたあと、冷えたお鍋にすっごく油が固まったりしてますよね)
ママが動物性脂肪を食べると、そのまま母乳に移行して、乳栓になってしまう場合が多いようです。また、乳頭の先端というのは、触ってみるとわかると思いますが、結構冷たいんですよね。ここに脂っこいおっぱいが溜まったまま放っておくと、固まっちゃうらしいんですよねぇ。
「牛乳を飲むとしこる」「揚げ物類を食べるとしこる」「ケーキがだめ」
いろんなママがいるようです。
ちなみに、わたしは、「イカのげそ上げ一つくらいなら良いだろう♪」と思って、食べたら(それまで揚げ物は我慢していた)、次の日、しこりました…(T-T)
んー。
でも、育児中、赤ちゃんを連れて外出することもままならなくて、責めて「何かおいしいものを食べて育児ストレス発散!」と思っているママも多いと思うんですよね。難しいところですが…。

対策

油ものは、乳腺炎の大敵。あっさり系の食事を心がけましょう~。
(とはいえ、わたしは脂っこい食事がだーーーい好きなのですが…。特にパパが体力を使うお仕事だったりすると、どうしても食卓にそういった食事が並ぶことになりがちなんですけれどね)
基本的には、和食(煮野菜)中心にバランス良く食べるのが一番。
また、夜遅くに飲んだり食べたりすると内臓に負担がかかります。夜間の飲食は、おっぱいが張りやすいので、乳腺炎ママは要注意! 朝と、昼にボリュームのある食事をするのが良いと思います。

控えたほうが良いたべもの
・揚げ物(天ぷら・フライ、豚カツなど)
・油の多い肉、中華など
・甘いもの(ケーキ、チョコ、クッキー、アイス)
・コレステロールの高いもの(いくら、たらこ、かずのこなど)
・餅米、もち
・あくの強いもの(たけのこ、わらびなど)
・甘味、酸味、水分の多い果物(桃、ミカン、メロン、すいかなど)
・刺激物(コーヒー、アルコール)
・カレー、すきやきなど

もちろん、絶対だめーーというわけではありません。時には羽目を外して、パァーッとケーキを大食いしたい! それもアリです。育児中、一番簡単なストレス発散ですものねー。
でも、もし避けて乳腺炎にならないのであれば、避けた方がいいですよね…。


赤ちゃんとお母さんのための妊娠中のごはん-おなかの赤ちゃんが元気に育ついちばんやさしいレシピ120 (池田書店の妊娠・出産・育児シリーズ)



乳腺炎の原因(3)
授乳間隔が開く

授乳間隔が開くと、乳房内で母乳が溜まり、それが原因で乳腺炎になってしまうことが多いです。
とくに夜間。母乳は、ホルモンの関係で夜にたくさん作られます。でも、夜間って、ママも疲れていて、ぐっすり眠ってしまうことが多いんですよね。
赤ちゃんが寝ていると、ついついそのまま何時間も寝てしまったりして、おっぱいがガチガチ、パンパンに…。そうして、おっぱいにしこりが出来、炎症を起こしてしまうことがあるのですよね。
ちなみに、わたしの初めての乳腺炎は、6時間授乳間隔を開けてしまったときに起こりました。
(まぁでも、一晩中寝ていても、ただおっぱいがパンパンになるだけで、乳腺炎にならないママもたくさんいるんですけれどね…)

また、おっぱいをガチガチに張らせる、というのは、いわゆる「断乳」させているのと同様の行為です。
確かにママはたくさん眠れて良いのですが、母乳生産量は確実に減ります。そして、何時間も乳房内に蓄積されていた母乳は、苦みがあり、余りおいしくないです。もしも、母乳育児を長く続けたいのであれば、やはり夜間授乳が必要なのかな~と思います。

対策

なるべく3時間をあけないようにしましょう。
何ヶ月まで?
えーっと…。
母乳が出続けるまで…。
なんて言ったら、大変だとは思いますけれど…。
でも、乳腺炎になりやすいママは、特にこれは守った方が良いと思います。
特に夜間の授乳間隔は要注意!
わたしは、生後一年くらいは、夜に目覚まし時計をかけて頑張っていました。(とはいえ、目覚まし時計より前に、赤ちゃんは起きておっぱいをほしがったので、目覚まし時計の活躍することはほとんどありませんでしたけれど)
一年を過ぎてからは、ほとんどしこらなくなったので、目覚ましもなし。赤ちゃんが起きるのにまかせて、母乳をあげていました。
また、ママ一人でデパートにお買いものに行ったり、上の子の用事に付き合ったりして、どうしても3時間以上開いてしまうときがあると思います。そんなときは、やはり搾乳したほうが良いと思います。

搾乳器を使う
搾乳機を使えば、外出先でもかなり楽に母乳を絞れます。手で絞ると、服がびしょびしょになったり、手がべたべたになったりするんですよね。もし、どうしても3時間以上あいてしまう外出をするときは、搾乳機を持っていくことをオススメします。
わたしの「搾乳器体験談」を見てみる

授乳服を着る
母乳を上げたくても、こんな場所じゃあげられない~!
なんていう場合もあります。
あらかじめ「今日は、お出かけするけれど、母乳をあげるスペースが無さそうだなぁ」という日には、授乳服を着ておきましょう。
普通の服では、めくり上げるとおなかまで見えちゃいますが、授乳服なら必要最小限しか肌を見せなくて済みます。
そしてスリング(布製の抱っこひも)を装着!これは、着用したまま授乳できる抱っこひもです。
この二つでかなり簡単に授乳することが出来ます。これで「授乳室、どこ~っ!」という事態も無くなるかも!
私が実際にしろくま北極堂のスリングを購入したときのレビュー記事がありますので、ご参考に…。
「スリング(北極しろくま堂:キュットミー)を使ってみた!」
「べべオレ(授乳カバー)を使ってみた!」



乳腺炎の原因(4)
赤ちゃんの母乳の飲み方

赤ちゃんの飲み方が、あんまり上手じゃないと、乳腺炎になりがちです。
乳頭には、十数個(もっと少ないママも多いママもいます)の穴があって、そこから母乳が出てきます。
穴は、それぞれの乳管(母乳の通る管)に繋がっています。でも、授乳の時、ある穴から出る母乳ばかり飲んで、ある穴は全く飲まなかった場合、そこに繋がった乳管には、母乳がどんどん溜まっていってしまいます。
・同じ方向からばかり飲ませている
・乳頭をつぶしながら飲んでいる
・添い乳などで、(片方の)おっぱいをつぶしながら飲ませている
といった場合です。
おっぱいの飲ませかたのページも書いてみましたよ♪

対策

乳腺炎になりやすいママは、色んな方向からおっぱいを飲ませるように工夫したほうが良いと思います。
赤ちゃんの頭がいつも右側にくるのであれば、左側にしてみる。
横抱きじゃなく、たて抱っこで飲ませてみる。
四つん這いになって、赤ちゃんに覆い被さるように飲ませてみる。
いろいろな角度から飲ませてみると良いかも。
これは、ママ自身にとっても良いことだと思うのです。ほら、まだ授乳に慣れていない新米ママ達だと、授乳時間がかなり長くなりがち。一日の大半が授乳ということもあり得ます。その場合、いつもいつも同じ姿勢で授乳していた場合、ママの体に負担がかかってしまいますよね。(授乳凝りとでも言ったらよいのでしょうか…?)
肩凝りなどは、血流・血行を悪くします。イコール、血でできている母乳にもよろしくないはず。なるべく、違ったポーズで授乳をするというのも良いのではないでしょうか。

授乳一口メモ
・乳首と赤ちゃんの口は同じ高さに
首の座ってない赤ちゃんの場合、片方の手で赤ちゃんの後頭部を軽く固定して、もう一方でおしりを抱えます。赤ちゃんの顎を押さえつけないようにね。
首が座ってからは、片方の腕に赤ちゃんを抱え込んで、もう一方でお尻を支えます。腕が疲れちゃうときは、授乳クッションなどを活用!
・ママもリラックスして授乳しましょ! 床や畳に直接座る場合は、正座やあぐらをかいて授乳。
自分によい、体にフィットした授乳クッションなどを使うのも良いと思います。
今はネットで手に入りますものね。その場合、ぜひ「洗えるもの」を選んでみて。赤ちゃんのミルクの吐き戻しなどで結構汚れてしまうことが多いと思います。
いすやソファーの場合は、背もたれ付近まで深く腰掛けてみて。背中や肩が丸くなってしまわないようにね~。


乳腺炎の原因(5)
母乳の飲み残し

赤ちゃんって、授乳の途中で気持ちよくなって、スヤスヤ寝てしまうことも多いのですよねぇ~。まだまだ赤ちゃん自身に体力もありませんしね。
で、寝ちゃった後は、どんなにお口をつんつんしても寝ている。何をしても起きてくれない。
とはいえ、ベビーベッドに移すととたんに起きて泣き出したりしてね(^-^;) これも育児中のママにはよくわることではないでしょうか。
ママの腕の中がねんねの定位置になってしまっちゃうんですよね。
おっぱいって、左右両方、同時に母乳が湧いてきますよね。片方だけが沸くというわけにはなかなかいきません。
私も、授乳中、赤ちゃんが左のおっぱいを飲んで「あ、母乳がわいてきたな」と思うと、右のおっぱいから母乳がこぼれて「もったいないわー」なんて思ったこともあります。
※でもこれは、出産後、ほんの最初の1ヶ月程度のことですけれどねー。その後は「差し乳」になったようで、赤ちゃんが飲もうとする母乳量が出てくるといったふうに落ち着いてきたような気がします

で、右の母乳だけを飲んで赤ちゃんが寝てしまった場合、左のおっぱいにはまだたくさん母乳が残っています。これを長い時間、乳房の中に残しておくと、乳腺炎の原因になってしまうことがあるとおもうのです。


対策

もし左のおっぱいだけを飲んで寝ちゃったら、右も軽く絞っておいたほうが良いと思います。
あくまでかるく、ね。
わたしは、乳腺炎の初期症状が出始めると、眠った赤ちゃんを膝の上に抱っこしたまま、搾乳していました。
また、夜間に授乳間隔が開いてしまった場合も、搾乳することをオススメします。
しかし、搾乳のしすぎは、乳腺を傷つける結果となったり、刺激の与えすぎで母乳が生産過多になってしまったりします。
「少しおっぱいが軽くなったな」 ぐらいで止めておいたほうが良いようです。

搾乳方法について
乳房はとってもデリケートです。
強く搾ったり、搾乳器の使いかたを謝ると、乳頭や、乳腺を痛めてしまいます。搾乳するときは、次のことに気を付けましょう♪
1.おっぱいの柔らかい部分(房の部分)はしぼらないようにしましょう。
2.おっぱいがたまっているとき(しこりがあるとき)は、その部分を挟み込む(固定する)ようにして搾乳してみましょう。
また、搾乳するための専用ツール、「搾乳器」も便利です。それについては「搾乳器を使おう」を参照くださいませ。


乳腺炎の原因(6)
きついブラジャー(乳腺・胸部圧迫)

これも乳腺炎を引き起こす結構重要な原因だと思います。
子どもを出産後、ぶっちゃけ、おっぱいって大きくなってちょっと「不格好」になりますよねぇ。垂れたり、左右に流れたりしてしまうので、がんばってワイヤー入りのブラで矯正したくなる…。
わたしもやっちゃいました。
パパと子どもと三人でお出かけの日。
短時間のお出かけだし、出先での授乳も必要ない。たまにはいいかな、と、しっかりしたブラをつけたら…。
次の日、特大のしこりが!
たぶん、無理に乳房を固定したので、乳腺が傷ついたのだと思います。細い乳腺の中に、母乳という栄養たっぷりのものが入っている状態というのは、思っている以上に繊細に扱わないといけないのかもしれませんね。

それ以降は、ノンワイヤーのブラジャーか、ブラパット入りのキャミソール愛用です。最近ではかわいいものがたくさん売られていますものね。子育て、授乳期間が終われば、また元通りワイヤーでびしばし矯正しちゃいましょう。それまでは少しのあいだ我慢です。

対策

授乳用のブラジャーが一番です。前あきですし、スナップで開閉できますしね。 赤ちゃんを待たせずに、さっと授乳できます。
でも、ノンワイヤータイプやスポーツタイプ、モールドカップのブラジャーでもOKだと思います。また、夏などは、ブラカップ付きのキャミソールなども便利です。
その場合は、コットン100%で、出来るだけ伸縮性のあるものが便利。
赤ちゃんの母乳やミルクの吐き戻しもガンガン洗えます。
胸元をぐいっと下に引き出せば授乳可能状態になることも期待できます。

ちなみに、わたしは、ブラカップキャミを愛用。
ユニクロのブラカップ付きキャミソールはいいんじゃないかなーと思っています。
夏用、冬用売っていますよね。
襟ぐりをぐいーっと伸ばして胸をはだけて授乳してもいいですし、下からぐいっと布を持ち上げてたくしあげて、ちょっと脱ぐ感じで授乳しても!(でもこれだとおなかが冷えてしまうかな~)
冬はヒートテック素材だと暖かいですしねー。
モールドカップ付きキャミソールインナーなどもいいかも。
モールドカップタイプは、ワイヤーは付いていないのですが、カップがかなりしっかりしているので、バストラインが綺麗に見えます。 胸の開きの作りが大きいので、ぐいっと片側に寄せれば授乳可能。(私はね!)
育児中ママでも、オシャレはしたいものですものね~。


乳腺炎の原因(7)
ママのリラックス不足

お風呂

お風呂。シャワーだけで済ませていませんか? ゆっくり湯船につかっていますか?
確かに、生まれたての赤ちゃんを育てている場合、赤ちゃんの沐浴だけで精一杯で、なかなかママのゆったりバスタイムなんて、とれないんですよね。寝不足だったりすると、お風呂につかるのはもういいから、とりあえず寝たいーなんて思ったりしますよね。
また、旦那様の帰りの遅いご家庭ですと、赤ちゃんをほったらかして、ママが一人湯船につかることもできませんよね。
でも、シャワーだけでは、なかなか体の疲れはとれません。
これが、乳腺炎の原因の一つ目にも書いた「疲れ」に繋がってくると思えるのです。

お風呂に入ると、血管が広がり、血行が良くなるのは知られていると思います。 よく入浴剤のテレビコマーシャルでもやっていますよね。それと同様、乳管も広がり、母乳の通りも良くなるようです。
もしよかったら、湯船に浸かっているときに、おっぱいをそっと絞ってみて下さい。※あ、もちろん湯船の中が汚れるので、一番最後のお湯の時が良いかと思います^^;
普段ならばにじむ程度しか母乳がでないかたでも、勢いよくぴゅーっと飛び出してくるようなこともあります。
ちょこっと詰まりかけの乳管も広がってくれると、詰まりやしこりが取れる場合もあります。
そうすることで、乳腺炎の原因を少しでも減らすことにもなりますよね!
私は、産院でおしえてもらったおっぱいマッサージを、ゆっくりと湯船でやっていました。
温かなお湯の中。くつろげるし、気持ちも落ち着くんですよね。

そうそう。
乳栓(詰まり)の成分は、脂質であることが多いです。(カゼインという説もあります)
ということは、温めれば、詰まりの原因物質が「溶ける」のです。これを使わない手はありません。少しぬるめのお湯に長く浸かってゆっくりと疲れをとり、詰まりを溶かして母乳の出を良くしちゃいましょう。
もちろん、これにはパパの協力が必要ですよね。ママがお風呂でゆっくりしている時間は、パパと赤ちゃんのふれあいタイムにしましょう。
乳腺の詰まりを取るのと同時に、ほっとリラックス! 日頃の育児の疲れも取れ、母乳量も増えるのであれば、一石二鳥ですよね。

なおっぺが「乳腺炎の原因」だと感じたトピックはこれでおしまい。
つぎからは、なおっぺが実践した対処法をご紹介したいと思います。


乳腺炎の対処法





乳腺炎・詰まりお悩みママへ・母乳スムーズブレンド(40g入り)

乳腺炎を繰り返すママの卒乳・断乳
二人目育児も、乳腺炎とつきあうのか
いったいいつまで乳腺炎になるの


母乳育児のコツ

添い乳のやりかた
母乳の作られる仕組み
おっぱいの飲ませかた
母乳が出過ぎる(母乳分泌過多
生理再開と母乳
生理再開と母乳(次男の場合)
母乳育児と赤ちゃんの風邪
突然の母乳拒否?
片方のおっぱいしか飲まない
夜間授乳:いつまで続く?
赤ちゃんのゲップが出ない
おっぱいが張らなくなった


コンテンツ

乳腺炎の体験談
乳腺炎の原因
乳腺炎の対処法と予防法
乳腺炎ママの悩み
母乳育児のコツ
断乳の方法とアドバイス
海外で乳腺炎になったら


ホームページに戻る