おっぱいが張らなくなった!


母乳育児のコツ

添い乳のやりかた
母乳の作られる仕組み
おっぱいの飲ませかた
母乳が出過ぎる(母乳分泌過多
生理再開と母乳
生理再開と母乳(次男の場合)
母乳育児と赤ちゃんの風邪
突然の母乳拒否?
片方のおっぱいしか飲まない
夜間授乳:いつまで続く?
赤ちゃんのゲップが出ない
おっぱいが張らなくなった



おっぱいが突然張らなくなった!
前日まで、おっぱいがパンパンにはっていて、小さめのすいかぐらいあったのに!
いきなり、ぺっしょーん、ふにゃふにゃぁになってしまうことがあります。
いつもなら、乳首をつまむと、母乳がシャーっと飛ぶように出ていたのに、つまんでもにじむ程度…。

ママはびっくりしますよね!

「ええええええ? これは、おっぱいが出なくなったのかぁ~? やばいやばいやばい!!!」

と。
いやー、ここで、「これは、母乳が貯まるまで授乳を控えた方がいいのかもしれない。おっぱいがぱんぱんになるまで待っておこう!」と考えて、授乳間隔を開ける方もおられると思うのですが、これは、実は乳腺炎を引き起こすことにもつながるので注意です!

安心してくださいませ。
私もそうでしたから。
ちなみに、生後3,4週間のときになりました。

それはね。、
「差し乳」になったのです。

「差し乳」とは、赤ちゃんがおっぱいを吸ったときに、初めて母乳が沸いてくる体質のおっぱいのこと。
張っているおっぱいというのは、つまりは、「余分な」母乳が、乳房内にたくさんあるということです。

で、ママの体のホルモンは考える。
「うーん。母乳、余ってるじゃん。じゃ、もう少し母乳生産量を下げるか」
と。

たぶん、コレは、「断乳」のメカニズムにも似ていると思う。
「断乳」するとき、おっぱいを赤ちゃんに全然与えず、乳房をパンッパンに張らせて、何日間も乳房内を母乳だらけにしますよね。そうすることによって、ホルモンが働き、母乳の生産はストップするんです。

まぁ、ようするに、おっぱいの「需要」と「供給」があってきたということです。
だってさー。考えてもみてください。
おっぱい、あと何ヶ月もあげるんです。
なのに、いつまでもすいかおっぱいで、外を歩くわけにはいかないじゃないですか~。

ふにゃふにゃおっぱいになっても、ちゃーんとたんまり母乳はでますって♪
私がそうでしたから。
私は、長男が生後3、4週間の頃におっぱいが張らなくなりましたが、なんと! ほぼミルクを足すことなく授乳ライフを3年ほど続けました。

「おっぱいが張らなくなった」=「断乳状態」なのかしら?と不安になるママもいるかもしれません。
でもね。
たとえ「断乳」をきっちりしたとしても、数日、いや、数週間は母乳は(乳首をつまんだりすると)出てくるものなのです。
それくらい、母乳の生産力は強いよ!!

それでも「なんとかして母乳の質と量を上げたいわ」と思われるママは、ママのとる食事にも気を遣ってみるのもグッドだと思います。


ふにゃおっぱいになっても、「でなくなったから、ミルク足さなきゃ…」と思って、ミルクを足さなくても大丈夫な場合が多いです。
(ちなみに、私は、「でなくなった! 母乳が貯まるまで授乳間隔を開けなきゃ」と思ったことが、一番最初に経験した乳腺炎の原因です)
しばらく、母乳を頻回にあげてみて、赤ちゃんの様子

・おしっこの回数が極端にへっていないか
・機嫌が良いか
・肌の艶はどうか
・大きな泣き声をあげるか


などを見てあげてくださいね。


また、頻回授乳の赤ちゃんは「寝ない」「すぐ起きてしまう」というこまったことも起きやすいのが事実。
その対処法サイトも作りました。
寝ない子ママの小道具図鑑
そのサイトの中で、赤ちゃんの寝かし付けグッズも紹介しています。
寝かし付けの小道具


乳腺炎の体験談へ
なおっぺの頻回授乳に対する考え方


■授乳関連アイテム

授乳は「ママの血液を母乳に変える」ということ。鉄分など不足になりやすい。サプリもあります。


授乳中に作りたい食事



母乳育児のコツ

添い乳のやりかた
母乳の作られる仕組み
おっぱいの飲ませかた
母乳が出過ぎる(母乳分泌過多
生理再開と母乳
生理再開と母乳(次男の場合)
母乳育児と赤ちゃんの風邪
突然の母乳拒否?
片方のおっぱいしか飲まない
夜間授乳:いつまで続く?
赤ちゃんのゲップが出ない
おっぱいが張らなくなった


コンテンツ

乳腺炎の体験談
乳腺炎の原因
乳腺炎の対処法と予防法
乳腺炎ママの悩み
母乳育児のコツ
断乳の方法とアドバイス
海外で乳腺炎になったら


ホームページに戻る