生理再開と母乳(長男の場合)


母乳育児のコツ

添い乳のやりかた
母乳の作られる仕組み
おっぱいの飲ませかた
母乳が出過ぎる(母乳分泌過多
生理再開と母乳
生理再開と母乳(次男の場合)
母乳育児と赤ちゃんの風邪
突然の母乳拒否?
片方のおっぱいしか飲まない
夜間授乳:いつまで続く?
赤ちゃんのゲップが出ない
おっぱいが張らなくなった



多くのママがそうだと思うのですが、妊娠中は止まっていた生理がいつ再開されるか気になりますよね。

産後、ママの体のホルモンバランスは大きく変化しています。
母乳を飲ませていると、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激によって「プロラクチン」というホルモンが分泌されます。
この「プロラクチン」には排卵を抑制する働きがあるので、生理が来ないそうです。

でも、授乳間隔が開いたり(主に夜間授乳の間隔が開く)、赤ちゃんが十分におっぱいを吸わなかったりすると、この「プロラクチン」の値が下がり、生理が再開されます。

ですので、「完全母乳」であっても、夜間授乳がなかったりすると、結構早く生理再開することがあります。
もちろん、それぞれのママによって、再開の時期はまちまちですので、「夜間授乳もあるのに生理が来た~」というママもたくさんいると思います。

「生理が再開してしまった…。もう、母乳は出ないの?」

と、お思いのママ。
安心してください。
ちゃんと、出ますから(#^-^#)

ただし、生理の期間中は、ホルモンのバランスが普段と違うようで、母乳量が減ったり、「母乳の味」がいつも違ったりするそうです。
ですので、赤ちゃんが、

「あれれ! これ、いつものおっぱいじゃなーーーーい!」

と、あまり飲んでくれないことも…。
ですので、乳腺炎になりやすいママは、特に注意!
母乳の飲み残しが乳房内にたくさんあって、放っておくと乳腺炎を引き起こしかねません。

あまり飲んでくれなかったときは、軽く搾乳しておくと良いかも知れませんね~。

生理が終わると、また、元通り飲んでくれる赤ちゃんも多いようです。
また、生理がいったん再開されても、頻回授乳をしていれば、プロラクチンの値があがり、生理がまたストップされることもあります。


わたしの生理再開の考え方

長く授乳をしていると、「なかなか生理が再開しないわ」と悩んでいるママもいるのではないでしょうか?

「生理が来ない」という状態には、良い面と悪い面があると思います。

良い面では、「しっかりと子宮を休めることができる」ということ。
昔の子沢山ママなんか、立て続けに3,4人も子どもを産んでいましたよね。そんなママは、気が付けば「あら、(妊娠・授乳期間を合わせて)3,4年ほとんど生理がなかったわ」なんてこともあるのではないでしょうか?

また、悪い面では、「子宮が萎縮してしまう」という先生もおられるそうです。
たしかに、そういうことも言えるのかな~とも思います。

うーん。
色々な情報があるので「生理再開はいつがいいか」なんてことは一概には言えません。
もし、長く授乳を続けていくのであれば、とことん自分で調べて納得するのが一番いいのかな、と思います。

ちなみに、なおっぺは2歳7ヶ月で断乳。
断乳後、一週間してから生理再開。
その後、ちゃんと妊娠・出産しております…。


生理再開と母乳(次男の場合)



母乳育児のコツ

添い乳のやりかた
母乳の作られる仕組み
おっぱいの飲ませかた
母乳が出過ぎる(母乳分泌過多
生理再開と母乳
生理再開と母乳(次男の場合)
母乳育児と赤ちゃんの風邪
突然の母乳拒否?
片方のおっぱいしか飲まない
夜間授乳:いつまで続く?
赤ちゃんのゲップが出ない
おっぱいが張らなくなった


コンテンツ

乳腺炎の体験談
乳腺炎の原因
乳腺炎の対処法と予防法
乳腺炎ママの悩み
母乳育児のコツ
断乳の方法とアドバイス
海外で乳腺炎になったら


ホームページに戻る