母乳育児と赤ちゃんの風邪


母乳育児のコツ

添い乳のやりかた
母乳の作られる仕組み
おっぱいの飲ませかた
母乳が出過ぎる(母乳分泌過多
生理再開と母乳
生理再開と母乳(次男の場合)
母乳育児と赤ちゃんの風邪
突然の母乳拒否?
片方のおっぱいしか飲まない
夜間授乳:いつまで続く?
赤ちゃんのゲップが出ない
おっぱいが張らなくなった



赤ちゃんは、産まれてから何ヶ月かの間は、母乳の中の「免疫」のお陰で風邪をひかない。


育児書には、こう書いてあるものも多いと思います。
実際、母乳の中には、「免疫」が含まれており、赤ちゃんが容易に風邪をひかないようにはなっています。

でもね。
この免疫は無敵か、というと、そういうわけではありません。
母乳に含まれている免疫は、あくまで、そのママがもとから持っている免疫です。
ということは、ママが(そのウイルスに対して免疫を持っていないために)かかってしまうようなお風邪には、赤ちゃんもかかってしまうのです。

育児書に「低月齢の赤ちゃんは免疫のおかげで風邪をひかない」と書いてあるのは、「低月齢のうちは、それほどウイルスのある場所には赤ちゃんを連れて行かない」ということを前提に書かれていることが多いようです。

うちは、長男も次男も完全母乳。
長男は1歳過ぎまで全く風邪をひきませんでした。

「これが母乳の力だわ」

などと思っておりましたが、なんのことはない、次男は同じように完全母乳育ちですが、4ヶ月で風邪をひいております。
お兄ちゃんが園で拾ってくる風邪でしょうね。
長男が咳をし出すと、しばらくして次男も咳をしだす。
長男が熱を出すと、しばらくして次男も熱を出すといった具合です。

「うちは母乳育ちなのに、風邪をひきやすいわ」

と悩んでおられるママ。
母乳っ子も風邪をひきますので、ご安心(?)を…。


突然の母乳拒否?



母乳育児のコツ

添い乳のやりかた
母乳の作られる仕組み
おっぱいの飲ませかた
母乳が出過ぎる(母乳分泌過多
生理再開と母乳
生理再開と母乳(次男の場合)
母乳育児と赤ちゃんの風邪
突然の母乳拒否?
片方のおっぱいしか飲まない
夜間授乳:いつまで続く?
赤ちゃんのゲップが出ない
おっぱいが張らなくなった


コンテンツ

乳腺炎の体験談
乳腺炎の原因
乳腺炎の対処法と予防法
乳腺炎ママの悩み
母乳育児のコツ
断乳の方法とアドバイス
海外で乳腺炎になったら


ホームページに戻る