乳腺炎の対処法:ゴボウシ(牛蒡子)って何? 煎じ方とは?


乳腺炎の対処法:関連コンテンツ

乳房マッサージを受ける
頻回授乳
搾乳器を上手に使おう
乳房の痛い部分を冷やす
体を温める
カモミール・たんぽぽコーヒー
炎症にどんなお薬が良い?
乳腺炎とゴボウシ(牛蒡子)



乳腺炎にゴボウシ(牛蒡子)

ゴボウシってご存じでしょうか?
ゴボウのタネです。
そう。あの、ゴボウです。 あれが乳腺炎のお薬として意外な効果が!

実は、ゴボウのタネは、漢方薬なのです。

タネ、見たことないママが多いのでは? なんというか、本当に「タネ!」といった感じの、焦げ茶色の米粒大のタネで、これを煎じて、飲むのです。
その成分には利尿作用や抗真菌作用があるそうです。風邪などによる熱を発散させる作用や、扁桃炎などに対する解毒作用、湿疹では清熱解毒作用などに利用するそうです。

なぜ、ゴボウシ?  実は、ゴボウシは「乳管を広げる作用」も認められているそうです。

ですので、乳腺炎になってしまった場合は
・乳管を広げ、詰まりを取れやすくする
・乳腺炎による熱を発散させる

という利用法で使います。

乳管を広げる、という意味では、母乳量が少なくて気になるママにも使える、ということですよね。わたしは、乳腺炎になりかけ(おっぱいが痛いなぁ…と思いかけた時)に、すかさずゴボウシを煎じて飲みます。

※2010年4月のニュース
なんと、牛蒡子に含まれる「アルクチゲニン」に、「膵臓がんの増殖を抑える効果」があると発見されたそうです。でもこれはまだ、マウスをつかった実験段階。
膵臓がんは抗がん剤が効きにくく、治療が難しいといわいれています。牛蒡子の種。いろいろなところで、効能があるみたいですね!!

その、いろんな効能のある牛蒡の種ですが、難点はねぇ…。

ごっついまーーーーーっずい!!  死ぬほどまずいです。

でも良薬口に苦し…ですものね。

これは、漢方系の薬局で売っています。決して、園芸屋さんで売っている、普通のゴボウのタネを買わないでね。

【100%オーガニック】もう“つまらない”母乳育児を快適に♪★50万杯突破★90.2%のママが実感...

【100%オーガニック】もう“つまらない”母乳育児を快適に♪★50万杯突破★90.2%のママが実感...
価格:2,051円(税込、送料別)


ゴボウシ(牛蒡子)の煎じ方


うちのゴボウシです。


こんな種。


一回約10グラムほどをやかんで弱火にかけます。
沸騰させたらとろ火に。約30分ほど煮詰めます。
煎じ終わったら、熱いうちに、茶こしを使って耐熱ガラスなどに移しましょう。
※煎じた汁を放っておいたらもーっともーっと渋くなるので注意。

1日3回飲むと良いそうです。
でもね。
すごく苦いんだー。
苦手なかたはちょっと薄めて飲んだ方がいいかもしれません。



びんに入れておしゃれに(苦笑)保管してます。
これでいつでも乳腺炎になっても大丈夫(苦笑




乳腺炎の対処法:関連コンテンツ

乳房マッサージを受ける
頻回授乳
搾乳器を上手に使おう
乳房の痛い部分を冷やす
体を温める
カモミール・たんぽぽコーヒー
炎症にどんなお薬が良い?
乳腺炎とゴボウシ(牛蒡子)

コンテンツ

乳腺炎の体験談
乳腺炎の原因
乳腺炎の対処法と予防法
乳腺炎ママの悩み
母乳育児のコツ
断乳の方法とアドバイス
海外で乳腺炎になったら

ホームページに戻る