乳腺炎の対処法:体を温める


乳腺炎の対処法:関連コンテンツ

乳房マッサージを受ける
頻回授乳
搾乳器を上手に使おう
乳房の痛い部分を冷やす
体を温める
カモミール・たんぽぽコーヒー
炎症にどんなお薬が良い?
乳腺炎とゴボウシ(牛蒡子)



体を温める

高熱が出ると、本当につらいですよね。関節がものすごく痛くなったりして、家事もなにもかも出来なくなってしまいます。
でも、育児はまったなし…。赤ちゃんは容赦なく泣いたり騒いだり…。「ママのほうが泣きたいよー」と愚痴を言いたくもなりますよね。

そんなときには、体の痛む部分に、使い捨てカイロを試してみてください。
今では、シール付きで洋服の上から張れるタイプのものが出ていますよね。肩、背中、腰、など、ぺたぺたと貼るカイロを貼っちゃいましょう。 (炎症を起こしている乳房患部にではないですよ!)
少しは体の痛みが和らぎます。わたしは、夏でも10個は常備しています。夜中の急な乳腺炎にそなえて、常時、2,3個はおうちに置いておいても安心ですよね。

また、お風呂に入ることも有効な場合があります。
はじめに書きますが、これは、 乳腺炎による発熱時にはオススメできません。お風呂に入ることによって、もっと熱が上がってしまうことがあります。ですので、これは熱がない場合に限って有効だと思います。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって血行を良くし、乳管をたっぷり広げてください。すると、乳管内の詰まりが解消される場合があります。また、乳管内の詰まりが「油脂」であった場合、この「油脂」がお風呂で温まり溶けて、詰まりが解消される場合もあります。

「体が温まったな~」
と思った頃、湯船の中で、少し搾乳してみるのも良いと思います。(やりすぎはダメですからね~)

そして、お風呂からあがったあと、すぐに授乳するのが良いと思います。赤ちゃんの「吸引力」は侮れません(笑)。すっと詰まりが取れることもあります。


乳腺炎の対処法:カモミール・タンポポコーヒー




乳腺炎の対処法:関連コンテンツ

乳房マッサージを受ける
頻回授乳
搾乳器を上手に使おう
乳房の痛い部分を冷やす
体を温める
カモミール・たんぽぽコーヒー
炎症にどんなお薬が良い?
乳腺炎とゴボウシ(牛蒡子)

コンテンツ

乳腺炎の体験談
乳腺炎の原因
乳腺炎の対処法と予防法
乳腺炎ママの悩み
母乳育児のコツ
断乳の方法とアドバイス
海外で乳腺炎になったら

ホームページに戻る