乳腺炎の対処法:漢方薬(葛根湯)や抗生物質


乳腺炎の対処法:関連コンテンツ

乳房マッサージを受ける
頻回授乳
搾乳器を上手に使おう
乳房の痛い部分を冷やす
体を温める
カモミール・たんぽぽコーヒー
炎症にどんなお薬が良い?
乳腺炎とゴボウシ(牛蒡子)



漢方薬(葛根湯)

漢方のお薬で有名な葛根湯。
普通の薬局で売っている葛根湯です。よく耳にする漢方薬ですよね。
葛根湯は、発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。粉末タイプでも、ドリンクでも、錠剤でも良いと思います。

※ちなみに、いろんな製薬会社から葛根湯は出ています。お値段もバラバラ。高いのがよく効くのかしら?と思いますが、どうなんでしょうね。
使っている「材料の質」が違う…とちらっと聞いたことがありますが、ほんとうのところはどうなんでしょうか。私は、とりあえず、漢方の大手であるツムラの葛根湯を買っています。

産婦人科で「乳腺炎になりました」というと、この漢方薬をだしてくれるところが多いと思います。わたしのかかっている病院もそうです。

葛根湯は、授乳中でも飲んでも良いとされています。わたしの友人は、妊娠初期にインフルエンザにかかってしまったときも、産科医に葛根湯を処方されたそうです。
漢方薬は効き目が穏やか。なので、飲んで、劇的にすぐ良くなるというわけではありません。でも、少しでも良くしたいママにおすすめ。
葛根湯を飲んで、ゆっくり休んではやく乳腺炎をなおしましょう! お守り代わりに、おうちには常備薬として葛根湯をいつも置いておくのも良いかもしれませんね。


おまけ情報

ワグラスというお薬(内服薬)があります。
これは化膿性疾患(フルンケル、カルブンケル、腫物、るいれき、リンパ腺炎、蓄膿症、歯槽膿漏、中耳炎、乳腺炎)の改善または回復促進に効果があるそうです。

6種の漢薬の総合的な働きにより、患部の排膿をはかり緊張をとくので、かゆみ・痛み・熱感などの不快感が取れ、また細菌に対する抵抗力をつけるので、相次いで化膿が再発することを防ぐんだって。
効能に「乳腺炎」との記載もあるので、試してみてもよいかもしれません!

お薬の本
授乳中に風邪をひいてしまうことも多いです。
何しろ栄養が赤ちゃんにいってしまって、ママの体調も崩れやすいですから。
お医者さんにかかったりする暇もないときさえありますよね。
不安なのが、「授乳とお薬」の関係ではないでしょうか?
授乳と薬についての本を持っておくと、いざというときに安心です。



飲んで大丈夫?やめて大丈夫? 妊娠・授乳と薬の知識 第2版

抗生物質

産婦人科で、乳腺炎のお薬として、抗生物質を出してくれるところもあります。
「えーー。抗生物質かぁ。授乳中だしなぁ。赤ちゃんはどうなるんだろう? 飲んでも良いのかなぁ」
と思うこともあるかと思います。

そういう不安があるときは、もちろんお医者さん・薬剤師さんに聞いてみてくださいね。普通は、授乳中のママが飲んでも大丈夫(つまり、母乳を与えても大丈夫)な弱い抗生物質をくれると思います。

抗生物質を飲むと、ママも赤ちゃんも、うんちが緩くなることがあります。
抗生物質は、菌を殺すお薬。 もちろん悪玉菌をやっつけてくれるのですが、善玉菌もやっつけてしまいます。なので、母乳内に移行した抗生物質を飲んだ赤ちゃんの腸内に住んでいる善玉菌も殺してしまうんですよね。
その結果、赤ちゃんのうんちが緩くなってしまったりしまうそうです。その場合も、抗生物質の服用をやめて2,3日たてば、解消されると思います。

※もしも気になるようでしたら、調剤薬局でママのお薬をもらうときに、同時に母乳育児と赤ちゃんのことも相談なさると良いかと思います。

また、たまに、医者から強い抗生物質を与えられ、「服薬中は授乳は禁止」と言われる場合もあるかと思います。
これ、すごく大変なんですよね…。ママも赤ちゃん自身も。

授乳を止めなくても乳腺炎を治している、克服しているママはたくさんいます。そういう指導をしてくれるお医者さんもたくさんいます。

その医者の方針が合わないと感じたら、とりあえず違う産婦人科へ行ったり、母乳外来へ行ったりしてみましょう。
母乳トラブルの多いママは、はやめに「自分にある母乳外来」「いざというときに駆け込める病院」を見つけておくのが、おっぱいライフを楽しむコツかもしれません!  


おまけ:ゆきのした



うちの近くの裏道に生えているユキノシタです。


ユキノシタ
本州、四国、九州の陰湿地や湿った岩場などに自生する半常緑の多年草です。葉の形は円い腎臓形、長さ3~6センチ、巾3~9センチの大きさ、葉質は厚くて柔らか、表面には長毛がびっしり生えています。
ユキノシタには、消炎作用、解熱作用、解毒作用があります。


ユキノシタの葉を熱湯でさっとゆで、葉の裏側の皮をはいで、痛いところ(乳腺炎で痛い部分、赤ちゃんが噛んで傷ついた乳首など)に貼っておくとよいそうです。はれもの、しもやけ、ひびには、新鮮な生の葉を水洗いして火にかざし、柔らかくして直接患部に貼ると良いそうです。
「自然のもの」ということで、ママにも赤ちゃんにも優しいのがメリット。

でもこれ、実はわたしはやったことないんですよね…。
わたし自身は、小さい頃、中耳炎の薬代わりに使っていた記憶があります。母がよくやってくれました。
しかし、最近のユキノシタは、あまり綺麗とはいえなさそう。 ほら、道路沿いなどで排気ガスまみれになっていたりして…。 ユキノシタ自体、余り見かけないですよね。
比較的綺麗な場所に生えているユキノシタならば、使用してみてもいいんじゃないかな。
もしも、お子さんとお散歩されることがあれば、ぜひ道路を探してみてください。

一応、乳腺炎のまめ知識として…。


乳腺炎の対処法:乳腺炎とゴボウシ(牛蒡子)の関係




乳腺炎の対処法:関連コンテンツ

乳房マッサージを受ける
頻回授乳
搾乳器を上手に使おう
乳房の痛い部分を冷やす
体を温める
カモミール・たんぽぽコーヒー
炎症にどんなお薬が良い?
乳腺炎とゴボウシ(牛蒡子)

コンテンツ

乳腺炎の体験談
乳腺炎の原因
乳腺炎の対処法と予防法
乳腺炎ママの悩み
母乳育児のコツ
断乳の方法とアドバイス
海外で乳腺炎になったら

ホームページに戻る